FC2ブログ

なかなかよさそう


トバタアヤメ Iris sanguinea var. tobataensis

春に小分けにして肥料も変えてみたトバタアヤメですが、今のところ反応は上々です。
元肥を含めて窒素分は一切与えていませんが、葉色も薄くならず、不足はないようです。
土に含まれたわずかな窒素分で十分なようです。
株を小分けにしたのにもかかわらず作落ちしている様子もなく、分けない時と同じくらいまで葉が伸びています。

芽数が多いと栄養が分散されて開花できるほど芽が太らないため、芽数を減らして小分けにしました。
そして自生地が窒素分の少ないやせ地だったのではと言う推測から、窒素分の入っていない肥料にしました。

明治時代の記録では野生の株は高さ二、三寸(6~9㎝)で咲き、花つきもいいようでした。
ところがほかの場所に植えると丈も伸びて花付きが悪くなったといいます。

自生地は後の開発でなくなってしまったので、記録に残る小さな姿を再現できないかと考えて今の方法を試しています。
さて、うまくいくんすかね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

トバタアヤメですか、初めて聞く名前です。

イセゴイさん、お返事が遅くなりましたが、ありがとうございました♪

miyakoさんへ

こんばんは~

トバタアヤメは昔福岡県北九州市戸畑区にあった原野に自生していたといわれるアヤメの変種です。
今は住宅街になっていて野生では絶滅していますが、園芸業者が保存していた系統が増やされており、苗が流通しています。
ネットの方が入手しやすいと思います。

> イセゴイさん、お返事が遅くなりましたが、ありがとうございました♪
いえいえ、あとでそちらにもうかがいます。
sidetitleプロフィールsidetitle

イセゴイ

Author:イセゴイ
新潟県の中越地方でマイペースに園芸やってます。
妙な植物が好きですが、割と普通のものも気に入ったりします。
妙な漫画とか妙なテレビとかもすきなんで、時々書くかもしれません。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleかうんたーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR