FC2ブログ

加温の前に


報歳蘭 Cymbidium sinense

東洋蘭の中で報歳蘭の成長がいまいちでした。
新芽の出るのが遅く一年で成長しないことで株が小さくなる品種がいくつか出ていました。
と言うことで今年は冬の管理を変えています。

40年ほど前、蕙蘭が人気だったころ、温室で加温して年に二芽を育てる促成栽培がおこなわれていました。
年内は無加温で寒さに当て冬を体験させ、年が明けたころから少しづつ加温。
低い温度からだんだん高くして行って春から夏を早く再現して育てるわけです。

今回それに倣って年明けまで無加温の廊下に置いています。
明けたら暖かいリビングに移して発芽を促す予定。
特に早く増やしたいものはさらに2月以降もっと暖かい部屋に移すつもりです。

ちなみに新潟の寒さでは全くの無加温で報歳蘭を越冬させるのは無理。
どうしても葉痛みが出てしまうのでよくありません。
昨冬みたいに強い寒気が来ると一発で枯れます。

報歳蘭は北限が屋久島の低地、分布の中心が台湾や中国の南部なので熱帯性が強く寒さに弱いです。
その割に少し寒がらせないと発芽が鈍るのはちょっと意外です。
ちなみに中国報歳蘭、台湾報歳蘭、大明蘭と分けられますが種としてはすべてホウサイランになります。


今年の更新は今日でおしまいになります。
ご訪問ありがとうございました。
再開は来年1月6日を予定しています。

良いお年を~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

謹賀新年v-457

今年もよろしくお願いいたします^^

新年早々 怖い話題が多いです。
おちおち道も歩けないですね。

800びくにさんへ

コメントありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いします~
sidetitleプロフィールsidetitle

イセゴイ

Author:イセゴイ
新潟県の中越地方でマイペースに園芸やってます。
妙な植物が好きですが、割と普通のものも気に入ったりします。
妙な漫画とか妙なテレビとかもすきなんで、時々書くかもしれません。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleかうんたーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR