FC2ブログ

ようやく


ツリパ・クルシアナ Tulipa clsiana seedling

去年9月に捨てられそうになったとご紹介の原種チューリップ、ツリパ・クルシアナが発芽してきました。
年末くらいには根っこくらいは出ると思っていましたが、年が明けてようやく発根です。
ま、葉が出るのは春になってからですが。

成長期が夏までと短いので、今のうちから糖分とリン、カリの液肥で肥培しています。
でも欲張って濃いものを与えると、枯れるので注意しながらやっています。
スポンサーサイト



いつのまにか


富貴蘭 「都羽二重」 Vanda falcata `Miyako Habutae'

フウランの変異個体の選抜種、富貴蘭の縞代表のような位置の‘都羽二重’。
寒いところで越冬中なんでシワッシワです。
この状態の方が耐寒性が増します。

水やりは暖かい日の午前中に霧吹きで軽くやるくらいにし、この時期は水もほとんどやらず、この状態で越冬させます。
水をやりすぎると春になって葉を落とし、枯れることがあり気をつけなければなりません。
うちの場合なかなかうまくいかず、毎年一つ二つ枯れる株が出てしまいます。
まだ現在の環境での越冬方法を探れずにいます。

ちなみにフウランの学名ですが、Neofinetia falcataだったのが、近年Neofinetia属がVanda属に編入され、Vanda falcataに変更されていました。
最近分類学でも遺伝子鑑定が用いられるようになり、分類が大きく変わっていることが多くなっており、戸惑うことが多いです。
個人的にはユリ科が細かく分かれてわけがわからなくなっています。


松葉蘭 ‘青龍角’ Psilotum nudum `Seiryuukaku'

前回紹介してから1年半。
思いの外育っていることに気づきました。
ミニチュアの森のようです。
個人的には一本一本の姿がわかるくらいがいいんですが、良く育ってくれているので良しとしましょう。

春には植え替えねばなりません。
松葉蘭には根がなく、地下部は毛の生えた根茎になっていて、伸びた先に新芽がついて増えていきます。
この根茎が折れやすいんで植え替えの際は気を使います。

にょーん


オリヅルスミレ Viola stoloniflora

オリヅルスミレがランナーを伸ばしてきました。
この先端が地面につくと発芽、発根して新しい株になります。

が咲いたとご紹介したのが去年の今頃。
春に植え替えなかったせいで作落ちして今年は咲きませんでした。
秋に植え替えをしたんで現在は持ち直しています。

調子がいいとランナーを出して盛んに増殖しますが、油断して放置するとすぐに調子を崩します。
できれば年一回、最低でも二年に一回は植え替えてやらないとすぐに調子が悪くなります。
成長が早い植物にありがちなことです。

失敗か


日本春蘭‘樹氷’ Cymbidium goeringii `Juhyou'

25年前に宮城県で発見されたという純白虎。
虎斑ですが、例外的に焼き出しなどの特別な管理なしにきれいに斑が出てくれる品種です。

一昨年秋に3本立ちを入手したところ、増えの良い品種なようで、去年の春に新芽を3本出しました。
横着をしてそのまま育てたところ、どうもやっちまった模様。
丈が親木の半分ほどとなってしまいました。
手前の短い葉が新木。
ついでに新木の右の葉の先が焼けて枯れてしまっています。

洋蘭のシンビジュームでもそうですが、特に株が小さいうちは新芽が多く出た際、間引いてやらないと親からの栄養が分散されるので作落ちすることがあります。
葉の幅が広くなったので、締まったともいえますが、この場合作落ちでしょう。

この春に植え替えて、余計に出た2本を外して作り直そうかと思っています。

まだ少ないのか?


松葉蘭 ‘麒麟獅子’ Psilotum nudum `Kirin Jishi'

下の方に雑草が見切れてますが、見なかったことにしてください。(え?だめ?)

松葉蘭の青葉品種ですが、まだ数が少ないと思います。
私が入手した数年前はかなり少ない品種でした。
この品種に斑が入った‘麒麟獅子の斑’の方が相当多いです。
‘麒麟獅子の斑’もありますが、手を抜いた作りなのでとてもご覧いただけるような状態じゃないっす。
この辺は改善せんといかんですよ。

太軸の品種で、ブキブキっと奇怪によじれた感じがいいです。
うまく作るともっと奇怪でいい感じになりますが、その前にもっと株を増やさないといけません。
株が小さいうちに締め作りすると弱ってしまいますから。

入手時から全然大きくってません。
小さい株を入手したせいですが、栽培に失敗していたこともあります。
置き場にもっと気を使うべきでした。
去年からはちゃんとした場所で作っているので、これからは増えてくれると思います。

めだっていた


スズカカンアオイ Asarum kooyanum var. brachypodion

一昨日と同系統ながら、こちらは原種のカンアオイ。
カンアオイ(カントウカンアオイ)、ヒメカンアオイとともに、古くから古典園芸「細辛」として作られていた種。
もっとも、「細辛」は種を特定せずに交配されたので、「この品種はこの種だ」とは言えないのだそう。
東海地方を中心に分布し、三重県の鈴鹿峠から名前を付けられています。

この株は以前山草店で買ってきたものです。
店頭でやたらと目立った葉模様をしていました。
葉の真ん中に玉(ぎょく)と呼ばれる模様が入り、周囲には霰斑が入っていて、にぎやか。
変異とは言えないものの、観賞価値の高い個体だと思います。

ぜいたくを言えば、もっと葉を丸く、葉柄を短く作りたいところです。

ちがった


細辛 ‘太陽’ Asarum `Taiyou'

入手時の名札には「六歌仙」とありましたが、実は違っていたもの。
先月紹介のものが本物。

調べたところこれは‘太陽’という品種でした。
なんか写真で見るとほとんど違いが判りませんが、実物は似てはいても結構違いがあります。
一番の違いは亀甲模様が‘六歌仙’の方がはっきり出ていること。
‘太陽’は葉面に薄く白い膜を張ったようになって、亀甲模様が見づらくなっています。
この白い膜を張ったようになるのを細辛では「糊」と呼び、芸の一つとされています。
糊を塗ったように見えるからだそうな。

ところで作柄ですが、葉が出る際に虫にかじられてしまい、一部葉がいびつに変形してしまい、あまり感心されるような作柄じゃないっす。

新潟での一年分

とりあえずはネタの補充ができました。


土佐寒蘭 ‘日光’ Cymbidium kanran `Nikkou'

たびたび出ている土佐寒蘭の‘日光’の2014年の新木の今。
寒蘭本場の四国や九州では、一年で育ち切る新木も、新潟県で無加温栽培すると育ち切るのに二年かかります。
今年の春は新芽が出ずにこの新木が秋まで成長し、完成します。
聞いた話では東京で栽培しても無加温では一年で新木が育ち切らないようです。
春先と秋口に加温して生育期間を延ばせば一年一作をできると思いますが、そこまでの設備はないし、必要もないのでうちでの寒蘭作りは通常よりゆっくりになります。

この品種、新芽が白く上がって、後に緑色が乗ってくるという「西谷もの」と呼ばれる品種群の典型的な特徴を表すのですが、うちではすぐに緑が乗って白い新芽を見られる期間が短いです。
それともこの辺りの気候ではそういうものなのか・・・

うちでは寒蘭は無理ではないけど向いていないことがわかってきたんで、むやみと品種を増やさずに「これ」と思ったものだけ栽培するということにしています。
ほんとはいろいろ作りたいんですけどね~

酒飲み版

相変わらずネタ不足なんで…

一昨日の「孤独のグルメ」の酒飲み版といった感じの漫画、「ワカコ酒」。



写真が見づらいっす。

飲兵衛な主人公の村崎ワカコがいろんな料理をつまみに一人酒を飲むというもの。
「孤独のグルメ」同様これも良さを表現しづらいんですが、良いマンガです。
また、二番煎じになっていないところもいいです。

こちらは現在も連載中で、ネットでも読めます。

今年の1月からBSでドラマも放送されています。
漫画やアニメのドラマ化(実写化)ってうまくいかない印象だったんで不安でしたが、いい感じに作られていました。

ちなみに私は酒が飲めませんが、こんな風に楽しく飲めたらいいなとは思います。

異色

園芸ネタが切れたのでたまにはこんなネタ。

独特なスタイルで人気のグルメ漫画「孤独のグルメ」です。



単純に言ってしまえば主人公のオッサンが出先で見つけた店にふらっと入って料理を食べるだけっつーだけ。
それだけですが、このおじさん、実にうまそうに食べるんですよ。
料理のうんちくを述べるでもなく、派手なセリフが出るというわけでもなく、店の雰囲気や料理の味なんかは心の声や独白で表現されています。
表現しづらいんですが、この独特の雰囲気が好いです。

1994年から1996年までの2年間連載され、その後はたまに新作が出るようです。
20年も前の漫画ですが、人気が出たのは最近。
この新装版は連載していた分と少し新作も載せていますが、あとの分は載っていないんで未収録分の話は読んだことがないです。
2012年からテレビドラマにもなっています。
現在シーズン4まで。
新潟県では放送していませんが、レンタル店にあったんですぐに借りてみましたよ。
面白いですし、見ると腹が減ります。

漫画もドラマも実在の店をモデルにしているので、コアなファンには出てきた店を食べ歩きしている人もいるみたいです。
もっとも今ではないお店もありますが。
関東圏のサボテン多肉植物愛好家のあいだで有名な池袋西武百貨店屋上のうどん屋も載っています。
五郎さん(主人公)うどん食べた後、サボテン多肉植物のコーナーでサボテン買ってます。

ちょっとうまそう?


オキザリス・ギガンテア Oxalis gigantea

パッと見クレソンみたい。
隣の鉢植えに引っ掛かりバキッと折れちまいましたよ。

この冬は特に晴れの日が少ないため日光不足で徒長してます。
徒長していること以外は順調に成長してる感じだったんですが。
せっかくなので挿し木に挑戦しようかとも思いましたが、場所がないこともあり廃棄しました。
残った下の部分は無事なんでそのまま成長してくれると思います。
ま、うちには3本あるんでまだいいんですが。

オキザリス・ギガンテアって成長が遅いもんだと思っておりましたが、種子を播いて半年で丈が40㎝くらいまで成長してびっくりしました。
休眠を経て15㎝ほどに切り戻し、枝を出させています。
もっと締めて作りたいところですが、冬に曇りがちな日本海側では日光不足でなかなかそうはいきませんな。

冬の最低気温0℃くらいまでは耐えられるようですが、良好な成長をさせるなら5℃を保つようにした方が確実に良いです。

さんかく


アロエ・ディスコイングシー Aloe descoingsii

アロエの中で最小と言われているディスコイングシーです。
親株で直径5㎝ほど。
チャイチーです。
マダガスカル南部の原産で、無加温の廊下で越冬するところを見ると結構寒さには強い模様です。

入手したとき名札に「no11」と書いてありましたが、どういう意味かは不明。
なんとなくほかの個体より葉幅が広いかなあと思っていますが、どうでしょう?

株の真ん中から出ているのは花茎。
dsukohana14-12.jpg
アロエ・ディスコイングシー 花 Aloe descoingsii flower

ちょっと見づらいですが、こんなのが咲きました。
よく見るキダチアロエはうちじゃあなかなか咲いてくれませんが、ディスコイングシーは咲きやすいみたいです。

desukohiki14-12.jpg
アロエ・ディスコイングシー Aloe descoingsii

全体はこんな感じ。
花茎が結構伸び上がります。

栽培は難しくないです。
でも春には植え替えなきゃだめ。

赤く


長生蘭 ‘紅雀’ Dendrobium moniliforme `Beni Suzume'

日本産デンドロビウムであるセッコクの変異。
細葉で紅をさした中斑が特徴です。
株立ちにするとなかなか見事ですが、うちのはまだちっちゃいです。

古くからある品種なようですが、来歴は不明。
江戸時代の本には同名の品種が載っているものの、赤花で青葉なので別物。

性質は丈夫で繁殖もいいので、現在ではあまり大切にされていないようです。

おめでとうございます

あけまして
今年もよろしくお願いします。
もう夕方ですけどね。


アマギカンアオイ Asarum muramatsui

新年一発目は、ご来光をイメージしたテラッテラのカンアオイの写真です。
特に深い意味はないっすよ~
sidetitleプロフィールsidetitle

イセゴイ

Author:イセゴイ
新潟県の中越地方でマイペースに園芸やってます。
妙な植物が好きですが、割と普通のものも気に入ったりします。
妙な漫画とか妙なテレビとかもすきなんで、時々書くかもしれません。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleかうんたーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR