FC2ブログ

最近は少ない模様

遅めですがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


楽長生蘭鉢

今年最初は楽鉢です。
三年ほど前に万年青鉢を紹介しました。
今回も似たような形ですが、猫足がないタイプです。

足を付けずに高台(こうだい)を切っているので「切高台」(きりこうだい)と言われます。
楽焼の長生蘭鉢はこの切高台が正式な形になります。

raku218-12.jpg
見込み

しかし現在展示会などで長生蘭を見るとたいてい万年青鉢に植わっています。
と言うのも長生蘭は人気が低い時期が長く、現在長生蘭用の鉢を焼いている窯元が無いようなのです。
画像の鉢は育成のための仕立て鉢になりますが、最近は楽鉢で育てずに素焼き鉢で育てることが多いのも原因。
なかなか楽の長生蘭鉢は見れなくなっています。

raku318-12.jpg
鉢裏

この長生蘭鉢は戦後に焼かれたもののようで、いわゆる加茂黒釉ではなく科学釉と思われます。
釉薬のかかりが薄いです。
新しいものですが、今ではちょっと見ないタイプの鉢です。

長生蘭はこの型の鉢に水苔で植えるのが正式ですが、通気と乾きをよくするため鉢底まで水苔を詰めないで下の方を空洞にして植えます。
水苔の塊の上に根をまたがらせ、さらに上から薄く水苔をかけたものを鉢の中にはめ込むようなイメージです。
スポンサーサイト



仕方なかった

私の場合園芸資材はなるべく地元で買えるものを使っています。
用土、鉢、支柱、遮光材など。
特に用土は緊急で必要になった時にすぐ買えることから地元で手に入るものを選んでいます。
ま、切らさないように気をつけて買っているのでそういう事態は今のとこないんですけどね。

ところが、そんな中どうしても地元にないものがあります。



園芸用のラベルです。
これだけは通販で買うことにしているのです。

いや、ないわけではないのです。
地元のホームセンターにも各種サイズそろっています。
でも私は買わない。

どうしても好みのラベルではないのです。
私は鉛筆でラベルを書くのですが、近くに売っているのがことごとく鉛筆では書けない代物。
実物を見るとわかるのですが、つるっつるで明らかに鉛筆書きを拒否したものばかり。
若干ざらついたものでないと鉛筆では書けなくなります。

どうしようもないので鉛筆で書けるラベルを通販で買うことにしています。
画像のものは鉛筆で書けるうえ、こすってもかすれにくい優れもの。
実物を見ないとちょうど良いものかわからないので最初買ったときちゃんとしたのが来るか心配でしたが、ドンピシャなものが来ました。
一発でちょうどいいものが来たのでよっしゃと思いましたよ。

メモ用紙で

うちでタネ用に使っている紙袋です。
ま、昨日の続きっす。



メモ用紙を用意しまして、
(うちのメモ用紙は裏紙です。)

origami2.jpg

半分に折り、

origami4.jpg

上下を折ると

origami5.jpg

このように袋状になります。
で、この中にタネを入れて、

origami6.jpg

縦方向に折ると完成。
メモ用紙なんでエンピツで名前を入れられます。
ネットで薬包紙を買うのもいいですが、自家用ならこれで十分です。

ぎゃあああああ やめろおおおおお

結構な惨劇です。



ビニールパックにタネが入っています。
この状態の何が惨劇なのか。
わかる人がどのくらいいるのかわかりませんが、少ないと思います。
普通のビニールパックなのがみそ。

ネットオークションでタネを買うと結構この状態で送ってくる人がいます。
これ、タネを取り出す際、静電気でタネが張り付いて袋から出てくれないんですよ。
うまく取り出さないとタネが飛び散って紛失と言うことにもなります。

このくらいのタネならまだましな方で、粉みたいなタネをビニールパックに入れて送ってくるっつーロクでもないのがいるんですわ。
まー張り付くこと張り付くこと。
気の利いた人なら大抵薬包紙で包んで送ってくれます。
正直ビニールパックはやめてほしいですね。
使にしても大きい種なら張り付くことがないからいいんですよ。

話しに聞くところでは静電気防止のビニールパックがあるらしいですが、それを使うくらいの気は使ってほしいもんです。

明日はうちでのタネ保存で使う簡易紙袋を紹介します。
ま、そんなにたいそうなもんじゃないですが。

ミニテラリウム



今日の記事はちょっとした工夫など。
コンビニコーヒーの容器の再利用です。

コンビニなどでアイスコーヒーを頼むとこういった透明なカップで出てきます。
そのカップをそのまま使って私は湿度を保つ容器として使っています。
カップの内側をアルコールなどで消毒し、熱湯などで消毒した用土を入れれば手軽にカビの発生を防ぐこともできます。

画像は葦サボテンの実生床です。
実生の他シダの胞子培養などでも便利です。
私はけっこう便利に使っています。

廃物利用なんで実質タダで入手できるのもいいところです。
もっともコーヒーを飲まないと手に入らないのが欠点でしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

イセゴイ

Author:イセゴイ
新潟県の中越地方でマイペースに園芸やってます。
妙な植物が好きですが、割と普通のものも気に入ったりします。
妙な漫画とか妙なテレビとかもすきなんで、時々書くかもしれません。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleかうんたーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR