FC2ブログ

白でいい模様


オオバキスミレ 白花 Viola brevistiplata white flower

昨年もご紹介のオオバキスミレです。
最近詳しい方に見てもらったところ、白花としてもいいとお墨付きをもらいました。
っつーことで今回は白花としました。

黄色い花の咲くスミレの中ではこういう変異は少ないそうで、かなりの珍品とのこと。
以前八重咲きのキスミレ(と言う種類)が出回りましたが、それと斑入りがあったくらいみたいです。

採集から二年、あまり増えていませんが、十分に育つと根茎で増えるので維持するのは難しくないでしょう。
それに種でも増やせるはずです。
ちょっと積極的に増やそうかと思っています。
スポンサーサイト

咲かない


ヒダカソウ Callianthemum miyabeanum

北海道のアポイ岳の固有種。
一昨年にも紹介しましたが、昨年は咲かず。
今年は三株のうち一株に一輪のみの開花。

株自体は調子よく育ち、芽も分かれて株分けができるほどですが、花が来ない。
ちょっと原因がわからないです。

一昨年植え替えしたときちょっと小さめの鉢だったので、夏に乾きが激しかったです。
なので昨年一回り大きめの鉢にしました。
それでも乾きますが、多少ましになっています。

そういえば肥料を多めにやっているのでそのせいがあるのかもしれません。
液肥を減らそうかな。

基本的に丈夫で育てやすく、増やしやすいですが、ちょっとくせがあるかもしれません。

それは記念すべきことなのか?

今日は文章ネタっす。

先日のこと、某キリスト教系の宗教団体の人がやってきました。
以前うちに来た控えめに言ってかなり頭の悪い勧誘員の団体とは別です。

このキリスト教系の人たちは物腰もやわらかく丁寧な人たちなので対応するこちらとしてもぞんざいに扱わず配りものも一応丁寧に受け取ります。
で、その方たちがうちに来て、
「今度イベントがあるのでよろしかったらいらっしゃってください」
と案内の紙を渡してきました。

そのイベントと言うのが
「キリスト様が亡くなった日を記念する会」
とのこと。

…え~っと…
それは記念すべき日なのか?
私の頭にそんな疑問が浮かびました。

その方々は私に案内の紙を渡すと丁寧にあいさつをして帰っていきました。
そして答えのない疑問が私の中に残っていったのでした。

小輪


椿 `胡蝶侘助´ Camellia `Kochou Wabisuke'

侘助椿の胡蝶侘助が咲きました。
侘助椿としては特に古い品種で、京都の大徳寺総見院に豊臣秀吉が千利休から譲り受けたとされる古木があるといいます。

桃色の極小輪で白のまだらが入り良いアクセントになっています。
雄しべや雌しべが退化して機能しなくなるのは侘助の特徴。
古い品種で数も多いので多くの場所で植えられているのを見かけます。
当然入手も簡単でホームセンターや園芸店でも苗が売られています。

栽培も普通の椿と一緒。
ただ、昨年一月の大寒波のために鉢植えの椿がいくつも枯れたので新潟では少し冬は気をつけた方がよさそうです。

これで咲くか


トバタアヤメ Iris sanguinea var. tobataensis

以前ご紹介したトバタアヤメですが、肥料を変えただけでは咲く気配がありませんでした。
窒素を極端に減らした栽培でしたがやはり葉が長くなってしまいます。
そして芽数だけが多い状態でした。

と、いうわけでこの春、思い切って一芽づつに株分けをしました。
芽が多すぎると栄養が分散されて咲きにくくなります。
それを解消するためにわざと小分けにしたわけです。
しかし、小分けにしたことで一株の栄養も少なくなりそれはそれで咲きにくく…。

と言っても分けないことには話になりそうにないので分けた次第です。
さらに肥料を窒素分の無いものだけにして芽が増えることを抑えます。

さてこの決断が吉となるか凶となるか。
結果は数年後でしょうか。
sidetitleプロフィールsidetitle

イセゴイ

Author:イセゴイ
新潟県の中越地方でマイペースに園芸やってます。
妙な植物が好きですが、割と普通のものも気に入ったりします。
妙な漫画とか妙なテレビとかもすきなんで、時々書くかもしれません。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleかうんたーsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR